HOME > 女性の体は水分が少ない?

女性の体は水分が少ない?

イメージ

身体に含まれている水分量が多いほど、肌を若々しく、健康に保つことができます。
女性の多くは、いつまでも若々しい肌を保っていたい!と思っていると思いますが、実は女性は男性と比べて身体に含まれる水分量が少ないという事実があるのです。
今回は女性の身体に水分が少ない理由を探るとともに、浄水器を使った体内の水分量の増やし方についてお話します。

男性より水分が少ないわけ

どうして女性は男性と比べて身体に含まれる水分が少ないのでしょうか。
それは、女性は男性よりも筋肉の量が少なく、脂肪の量が多いからです。人間の身体は組織によって蓄えている水分量が違います。

筋肉には多くの水が含まれていますが、脂肪はそのほとんどが油分なので水分はあまり含まれていないのです。体内の水分不足はそのままお肌の老化にもつながります。
女性のみなさんの多くはいつまでも若々しい健康な肌を保っていたい!と考えているのではないでしょうか。

ハリのある健康な肌を保つためにも、水分補給は必須です!浄水器を活用して水分補給をしてみましょう。

体内の水分量を増やすためには?

人間の身体のほとんどは水分でできているといわれていますが、体の部位や組織によってその水分量は変わってくるといわれています。

前述の通り、筋肉や肌と比べ脂肪にはほとんど水分が含まれていません。そこで、体内の水分量を増やすための一番確実な方法は、体内の筋肉量を増やすということになります。
運動不足のみなさんは特に体を動かすように意識を変えてみてはいかがでしょうか。また、運動の際にはこまめな水分補給も忘れずに行いましょう!

水道水でもいいですが、浄水器を使えば、よりきれいでおいしく水分補給することが出来ます。


体内の水分量を増やすには、適度な運動で体内の筋肉量を増やし、さらにこまめな水分補給で水分不足を補うということが大切です。
私たちが1日に取るべき水分量は約1.5リットルから2.5リットルともいわれています。これだけたくさんの水を飲むのであれば、おいしくて安全な水を飲みたいですよね。

日本の水道水は比較的安全だともいわれていますが、浄水器を使えばさらにおいしくて安全性の高い水を飲むことが出来ますよ!

先頭へ戻る