HOME > 水あたりの対処方法

水あたりの対処方法

イメージ

水あたりとは、飲み水が原因で下痢、軟便、吐き下しといった症状が起こることです。
衛生状態の悪い水や、ミネラルの多い水を飲んだ場合に良く起こります。では、実際に水あたりになってしまったらどうしたらいいのでしょうか。
今回は水あたりの対処法とともに浄水器を活用した水あたりの予防方法についてお話します。

水あたりの症状とその原因

水あたりになってしまうといったいどうなってしまうのでしょうか。
まず、水あたりは汚染された水やミネラル分の多い水を飲むことによって起こるものです。
特に海外旅行に行った際にミネラルの多い硬水を飲んで水あたりになってしまうというケースが多いようです。

日本はミネラルの少ない軟水の国ですから、日本人は硬水に胃が慣れていないのです。
水あたりになってしまうと下痢や軟便、嘔吐などの症状が現れます。お腹を壊してしまったときと症状が似ていますね。

次は水あたりになってしまった場合の対処法や浄水器を使った水あたり予防法を説明します。

水あたりにならないようにするためには?

もし、水あたりになってしまったら原因と思われる水を飲まないことが最も重要です。
記憶をたどって汚染された水や硬水を口にしていないか振り返りましょう。飲み水だけでなく、氷や野菜などを洗った水でも水あたりは起きますので注意が必要です。

しかし水あたりの症状は下痢とほぼ同じですから、脱水症状を起こさないためにも水分補給は忘れないようにしてください。胃を刺激しないあたたかい軟水で水分補給をしましょう。

ちなみにこのような水あたりの予防には浄水器を活用することがオススメです。浄水器は水道水に含まれる汚れだけでなく、ミネラル分なども除去してくれ、水あたりの心配をへらすことが出来ます。


いかがでしたか?水あたりは意外と身近に起こるものであり、実際になってしまったら非常につらいものなのです。
そんな水あたりにならないためにも、胃に優しいきれいな軟水、つまり日本人の胃に合ったミネラル分の少ない水を普段から飲むように心がけましょう。

市販のミネラルウォーターも買うのもいいですが、浄水器を活用すれば、簡単に水のミネラル分や汚れを除去できるので、手軽に安全でおいしい水を飲むことが出来ますよ。

先頭へ戻る