HOME > 水道水・井戸水の危険性について

水道水・井戸水の危険性について

イメージ

日本では水道の水を飲むことができるとされていますが、水を浄化するためにはどのような方法が取られているのでしょうか?
一方、自然の恵みとされてきた井戸水は今も健在なのでしょうか?水道水や井戸水があるにもかかわらず、浄水器の需要が絶えない理由はどこにあるのか探ってみたいと思います。

水道水の危険性

世界中で水道水が飲める国はわずか15ヶ国ほどだと言われています。
飲用の水として水道水を提供するためには浄水場でろ過や消毒といった作業をくり返しているのですが、この消毒の過程で使用されているのが「塩素」です。
このとき塩素は必ずトリハロメタンという物質を複合的に作り出してしまいます。
これらはすぐに体に悪い影響を及ぼすものではないとされていますが、気になる人は浄水器を利用して取り除くようにすると良いでしょう。

古い家屋になると水道管から鉛やサビが溶けだしてしまう可能性もあるといいます。水道水が絶対に安心とは言い切れないのはこういったことに原因があるようです。

井戸水の危険性

昔から美味しくてきれいな水として重宝されてきた井戸水ですが、最近ではその水質が疑問視されているといいます。
過剰に農薬を使用したせいで土は汚染され、その影響で地下水にも様々な化学物質が紛れ込み人体にも影響を与えるレベルになってしまった可能性があります。

自治体では井戸水の水質検査を行っているため、日常的な飲料水にしたり、災害時のライフラインの確保という目的で利用したりしたいと思っている方は定期的に水質検査を行っておいた方がいいでしょう。

また、浄水器の中には野生の生き物などが周囲をうろついたり水の中に入ったりすることも考えられるため、井戸用の浄水器というものもあるようです。


水道水にしても、井戸水にしても絶対に安全とは言い切れないというのが現状です。
浄水器などを利用して不純物を取り除くという人が増えていることにも頷けます。浄水器ならお手軽な価格で導入することが可能です。
特に子どもは大人よりも吸収率が高いと言われていますから、特に小さなお子さんのいる家庭は浄水器の設置を検討してみるのもいいかもしれません。

先頭へ戻る