HOME > 梅雨の時期も脱水症状にきをつけよう

梅雨の時期も脱水症状にきをつけよう

イメージ

熱中症は、夏場のものだけではありません。
たとえ家の中に居ても、熱中症になります。浄水器を利用した、こまめな水分補給は年中続けたほうがいいのです。

今では外も中も危険度は同じで、特に梅雨の時期だからと油断してしまうのが、実は熱中症への第一歩です。季節を問わず、いつでも浄水器で水分補給する習慣が大切です。
では、梅雨の時期に脱水症状になるのはどうしてなのか、どんな人がなりやすいかなどを調べてみました。

梅雨の時期に熱中症になってしまう理由

温度も湿度も高い、じめじめした梅雨の時期は誰もが嫌だと感じる季節です。
最近では、家の中に居ても、熱中症で倒れて運ばれたというニュースを見聞きすることが増えました。
喉が渇くと浄水器の常温の水でも冷えた水と同様に「すごくおいしい」と感じるもの。空気が乾燥していると喉や口がカラカラに渇くことで実感できます。

ところが、湿気の多い時期は体の水分が不足していても喉が渇くという実感が少ないため水分を摂らなくなってしまいます。
蒸し暑くて汗をかくのは家の中でも同じですから、浄水器があってもついつい水分補給を忘れて脱水症状になってしまうのです。
湿っぽくて汗をかきたくないといって水分を摂らない人や、喉が渇いていないからといつもの水分を控えるのは間違いなのです。

熱中症にならないための対策法

梅雨の時期だからこそ、浄水器の水を利用して飲み物以外にも料理の水として使い、水分補給を行いましょう。
喉が渇いても渇いていなくても、浄水器の水で喉を潤すことを忘れずに、体の水分量を保ちましょう。怖いのは自覚症状がない「かくれ脱水」です。

湿度の高い梅雨時期は体温の調整をする汗がその役割りを果たしにくいため、体温が下がらず知らないうちに体の水分が奪われ脱水症状になってしまうのです。
室内外関係なく、気付くのが遅くなれば命にかかわります。梅雨の時期は喉が渇かなくても水分補給を意識して、1日一度は浄水器を使う習慣をつけるといいかもしれません。


喉が渇かないからとつい水分補給を油断してしまうのが梅雨の時期です。
かくれ脱水にならないよう、浄水器の水を積極的に飲み物や料理で活躍させましょう。
湿度が高いと汗をかいても蒸発せず、体温が思うように下がらないし口も喉も乾燥しないので渇きに対して鈍感になりがちです。

水分を摂ることがストレスにならないように数回は浄水器の水で飲み物をつくり、楽しむ習慣をつけてみてください。

暑くなくても暑い時と同じように水を飲み、何かの行動のまえに水分を口にして体の水分を補い梅雨時期の熱中症を防止しましょう。

先頭へ戻る