HOME > 妊娠時もしっかり水分補給

妊娠時もしっかり水分補給

イメージ

皆さんは日ごろから意識して水分補給をしていますか?
特にお腹に赤ちゃんがいるお母さん、トイレが近いとかむくみが気になるからといって控えていませんか。
水分は体をつくる一部ですので、浄水器でおいしいお水を飲みましょう。市販のミネラルウォーターもいいけれど、お腹がゴロゴロしないのは浄水です。
家に設置している浄水器で手軽にたっぷり浄水の魅力について調べてみました。

何故妊娠時にも水分補給が必要?

汗っかきやトイレ、むくみなどを気にしすぎて水分を控えてしまうと、脱水の状態になります。
水分が足りないのでお腹の赤ちゃんへ流れる血液もドロドロになってしまい、どの季節でも脱水や熱中症になりやすく大変危険です。

浄水器のお水はカルキが入らない優しい水なので、我慢せずに水分補給をしましょう。妊婦さんは汗っかきです。汗は体温を下げるため冷たいものはかえって体を冷やしてしまいます。
糖分高めのジュースより浄水器でほどほどの冷たさのものを、一気に飲まずに少しずつこまめに水を飲むといいそうです。

妊娠時の水分補給は浄水器を使った水がおすすめ

ミネラルウォーターはたくさんのミネラルが含まれており、体に良さそうな気がしますが、それは大人の体での話です。
赤ちゃんの体にやさしいのはピュアウォーターと言われる、不純物を取り除いた純水です。浄水器のような、有害な成分を取り除いた水がおすすめでしょう。

また、冷やしたものではなく、常温か温めてコップに入れ食事や入浴前後に、就寝前にと何か行動するタイミングで飲むといいそうです。
体を温めると免疫力が上がるなど、いいことがたくさんあります。水分を充分に摂取することで、お腹の赤ちゃんと同時にお母さんの体を守ることにもつながります。

いつでも手軽に浄水器を使ってきれいな水を飲みましょう。


妊娠すると、体の代謝が上がり汗っかきになります。赤ちゃんに栄養を送るため血液量も増え、暑い時期でなくても脱水症状になりやすく、こまめに水分を補給していくことがとても大事です。

浄水器のお水は有害なものを取り除いた赤ちゃんにやさしいお水です。
ミネラルウォーターは大人には良くても、赤ちゃんにはミネラルの多さが負担になってしまうことがあります。
何もかもが未熟な赤ちゃんには、ピュアウォーターと呼ばれる純水が最適なのです。浄水器なら、不純物を取り除いたきれいなお水が家で手軽に作れます。

体を冷やさないように常温か温めて、上手に水分補給していきましょう。

先頭へ戻る