HOME > 上手な水分の補給方法とは?

上手な水分の補給方法とは?

イメージ

水を飲むことが体にいいということはテレビや雑誌などで度々登場する話題です。
しかし浄水器があるからといって無造作に飲み続けることがいいことだとは言えません。せっかく飲むのなら効果的に結果を得られる形で摂取したいと思いませんか?

今回はそのような疑問を解決すべく理想的な水分補給の仕方について考えてみたいと思います。

いつ水を飲めば良い?

いつ、と聞かれたら「のどが乾いたら」と答える人は少なくないと思います。ただ、脱水症状は本人が自覚する前から既に始まっているのです。
寝起きや運動のあとなどには必ず水分を補うべきですし、それ以外でも定期的に水分を補給するように心がけることが望ましいと言えるでしょう。

そんな時浄水器があればいつでも美味しい水を飲むことができますが、一度に大量の水を飲む必要はありません。
また、朝起きたらコップ一杯の水を飲むといいと言いますが、便秘に悩んでいるような人は水を一気に飲むことで腸の働きを促すことができるという意見もあります。

体内の水分量が減ってしまうと様々な所に支障をきたす恐れが出てくるので、夏場は特に注意が必要です。

どんなものをどのくらい飲めば良い?

一日に必要な水分量は体重によっても異なってくると思いますが、だいたい1.2リットル~1.5リットルを数回に分けて飲むのが平均的であると言われています。

その水分をどのような飲み物から摂取すればいいのでしょうか?それは状況によって違ってきます。
通常の生活の中では浄水器の水を飲んでおけば十分だと言いますが、水の中でも「純水」と呼ばれるものが体にも優しくすべての年齢層に適しているといいます。

また、スポーツなどで大量に汗をかいた後なら、塩分も補いたいものです。スポーツドリンクなど体液に近い塩分濃度の飲み物で効率よく水分を吸収できるようにした方がいいでしょう。
逆にミネラルは体調悪化の引き金になることもあるため、注意しましょう。

このように上手な水分補給とは何を、どのようなタイミングで摂取するかが肝心だということが分かりました。

浄水器の水を持ち歩くことが理想的ですが、外出先でトイレが近くなるのを防ぎたいからと水分補給をしないという人もいるかもしれません。
しかし、本人は汗をかいているつもりがなくても、水分は知らないうちに奪われていくものなのです。
地球の平均気温が上昇していることもあり、脱水症状を起こす可能性は高まっていると言えます。水分補給ついての意識を改める必要があるかもしれません。

先頭へ戻る