HOME > 過剰な水分補給は腎臓の負担に

過剰な水分補給は腎臓の負担に

イメージ

私たち人間の体は、その全体の6割が水分で出来ています。
朝起きたときや運動した後などには体内が乾いて水分が欲しくなりますが、水分補給の際は腎臓や内臓のことを考えると、量や質に対して特に注意しなくてはいけません。

過剰な水分補給は健康に良くないこともあるため、浄水器等の純水を適量摂取することが大切です。

過剰に水分補給すると、身体にどういう変化が起きるのか

「前の夜に飲みすぎて靴が入らない」という経験はありませんか?このような足のむくみは、水分の過剰摂取からくる場合も多いのです。
それ以外にも瞼が腫れぼったくなるということもあります。

もっと深刻になると偏頭痛持ちになったり、肺に水が溜まったりするという恐ろしい事態に至る場合もあります。
このように水を過剰に摂取しないためにも、身体が美味しいと満足してくれる適切な量の補給が大切になります。そのためにはどんな水分でも良いということにはなりません。
不純物をろ過し、体内に浸透してくれる浄水器のような水を摂取すると良いでしょう。

腎臓に負担をかけない飲み方とは?

腎臓は特に冷えに弱い臓器です。負担をかけないよう温めるように心がけましょう。飲み水も冷たいものより、温かいものを摂るように意識することが大切です。

最近は温水が出る浄水器も多く出回っているため、こうしたものを活用して不純物のないお湯を少し冷ました、いわゆる白湯にして飲むようにすると良いでしょう。
腎臓や内臓に負担をかけずに体内に必要な水分を摂取できます。暑くなると冷たい水が飲みたくなりますが、冷水は多くの量を摂取しやすくなってしまうため、体に良くありません。
白湯だとこうした危険もなく、少しずつ摂ることが出来るので、内臓への負担は大きく軽減されます。


冷えは万病のもとと言われますが、夏の暑い日の冷たい飲み物は喉越しが良く、たくさん飲んでしまいがちです。
しかし、身体を考えると何でも摂取してしまうのは毒になってしまいます。ミネラル成分も過剰摂取は体に負担をかけてしまうため、不純物がろ過された浄水器などの純水を必要量摂取し、時には体を気遣い、温めて飲むようにすることが大切です。

いつまでも若々しく健康な体作りをしていきましょう。

先頭へ戻る