HOME > 浄水器の歴史

浄水器の歴史

イメージ

今では普通に使っている浄水器、特に蛇口につけるタイプのものはどのくらいの歴史があるのでしょうか。
優れた浄水器になるまでに、どれだけ多くの人が試行錯誤して開発に取り組んだのか、歴史を知っておくのも良いと思います。
普段歴史について考えたことがない方も、どんな風に浄水器が変化していったのか、最新の機器も交えて学びましょう。

浄水器はどのようにして誕生したのか

高度成長期、日本が一番豊かだった時期に浄水器は誕生しました。今よりも昔の日本は水に対しては少し無頓着だったようです。

工場や車から出る排気ガス、ゴミなどが私たちの川に流されて水質汚染は飲料水にまで及びました。家でも安全な水を使う事が出来ればという考えで、浄水器が誕生したのです。

しかし、色々問題はあったようで、まず有害物質を取り除く事は出来ても、水の中に含まれる細かい菌を除去するのは難しかったり、カルキを先に除去してしまうと菌が増殖してしまったりと開発者の試行錯誤は想像もできないくらい大変でした。

最新の浄水器の種類や機能はどういったものがある?

最初に誕生した浄水器と比べると現代のものは本当に優秀になりました。
最新の機能としては浄水器に内蔵されているフィルターが有害物質や不純物、雑菌をほぼ完璧に除去する事が可能という点です。
中空糸膜と活性炭に水道水を通す事で要らない物質だけを除去してくれます。臭みがなく、まろやかで飲みやすい水になります。

更に高性能な浄水器には、逆浸透膜フィルターがあり、本当に細かい微粒子も逃がさないので純水に近い水を作る事が出来ます。水道水も普通に飲んでも問題はありませんが、浄水器があると更に美味しく体にも良い水を摂取する事が出来ますよ。 "長い歴史を通して浄水器は大きく発展していきました。

水質汚染が問題視されている時代に浄水器は誕生し、最初は色々大変な事が多く上手く雑菌を除去できないなどの問題を抱えていました。

現在の浄水器が優秀なのは、過去の試行錯誤のおかげだと感じられます。最新の浄水器には中空糸膜と活性炭、逆浸透膜フィルターなど有害物質や雑菌をほぼ完璧に除去出来る構造になっています。
今では純水に近い水を作る事が出来る様になったので、興味のある方は調べてみてください。 "

先頭へ戻る