HOME > 熱中症の予防方法

熱中症の予防方法

イメージ

みなさんは熱中症対策を行っていますか?
日差しのきつい屋外だけに限らず、いつでもどこでも、そして誰でもなってしまう危険があるのが熱中症の特徴です。

特に気温が急に上がる夏こそ、注意が必要になってきますよね。今回は熱中症の原因や、対策について詳しくお話していきたいと思います。

熱中症の主な症状とその原因

まず、熱中症はどうして起こってしまうのでしょうか。
その主な原因は体温の上がりすぎと、体液不足だといわれています。水分補給が充分でないと、体の水分が不足します。

そうなると汗が出にくくなって、体温が上がってしまい、熱中症になってしまうのです。熱中症になってしまうとまずめまいや体のほてり、体温の上昇を感じるようになります。
それから筋肉痛やけいれんを起こすようになったり、だるさや吐き気を感じるようになります。

症状が重い場合は意識を失ってしまうことになりかねません。そんなときは急いで医療機関を受診することが重要です。

熱中症を防ぐためには?

では、熱中症を防ぐためにはいったいどうしたらいいのでしょうか。
もっとも重要なのはこまめに水分を補給することです。大量の水を一気に飲むのではなく、コップ1杯くらいの水を一日に何度も摂取するのが上手な水分補給のやり方です。

必要に応じて塩分や糖分も摂取しておくとより水分が吸収されやすくなるでしょう。市販の水や水道水でもいいですが、このようなこまめな水分補給には、浄水器を活用するのがオススメです。
また、エアコンや熱中症計を活用して、室内の温度や湿度を一定に保つというのも、熱中症対策には非常に有効な方法だといえます。


いつ、どこでも起きる可能性がある危険な熱中症にならないためには、エアコンを適度に活用して室内の温度や湿度を調整するほか、浄水器などの水でこまめに水分補給をすることが必要であるといえます。
また、水分補給の際には、喉が乾く前に水を飲むのがポイントです。
こうすることで、脱水症状を防ぐことができ、結果として熱中症を防ぐことにもつながりますよ。

みなさんも、こまめな水分補給で、熱中症になりにくい体を作っていきましょう。

先頭へ戻る