HOME > 水太りとは?

水太りとは?

イメージ

浄水器で手軽に水分を補給できるからと水をたくさん飲んでいると、それだけで太ってしまうと感じてしまった経験はありませんか。
しかしモデルさんは毎日2リットルぐらいの水を飲んでいるという話も聞いたことがあるはずです。
その矛盾はどこから来ているのか、違いは何なのか水太りのメカニズムについて考えてみます。

水太りは新陳代謝が悪くなっているサイン

水太りしたくないからと水を飲まないでいると、どうなってしまうでしょうか。

体の中の水分量が減ってしまうことで血液などの体液が濃縮されてしまい体に様々な悪影響を及ぼしてしまいます。
浄水器などを利用して一日に必要とされている量の水を飲んだとしても、新陳代謝に異常がなく正しく機能していれば余分な水分は老廃物と一緒に体外へ排出されますから、結果としてスッキリとした体を手に入れることができるでしょう。

水太りと聞くと「水を飲むこと」が悪いように誤解されがちですが、実はそれ以外の食生活や生活習慣による新陳代謝の低下に原因があると言われているのです。

水太りにならないための対策とは?

体内に必要以上の水分が溜まってしまう水太りにならないために日頃から気をつけておきたいのは、塩分を取りすぎないということです。

体とはよくできたもので体内の塩分濃度が濃くなり過ぎると喉が渇いたと感じ、それを中和するために多くの水分を蓄えようとしてしまいます。
また、水太りを防ぐためには体を冷やし過ぎないことも大切です。水分補給にはできれば常温の水がいいとされているのはそのためでしょう。
浄水器などを利用して定期的に水を飲み、不要なものを排出しやすい体にしておくことが水太りの解消につながるのです。


このようにバランスのよい食事を取ってミネラルを補ったり、塩分を控えめにしたりと食生活を見直すことで、水太りは防ぐことができます。

体質的に水太りになりやすいという人は、さらに適度な運動やマッサージを日常的に行うといいでしょう。そのまま放置してしまうと通常なら水分と一緒に体外へと排出されるべき老廃物などがセルライトとして定着してしまい、落とすのが難しくなると言われているのです。

毎日美味しい水を飲むことを習慣づけるためにも浄水器などを利用してみてはいかがでしょうか?老廃物を上手に体外へ排出し、水太りとは無縁の体を手に入れてください!

先頭へ戻る