HOME > 水の飲み過ぎには注意

水の飲み過ぎには注意

イメージ

家に浄水器をつけてから水を飲む機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。
浄水器にしてから手軽に綺麗で美味しい水が飲めるので、沢山飲むようになる機会はも多いかと思います。水を飲むのは健康にも良いと聞いていたので飲み過ぎても気にしていませんでした。
しかし、世の中には水毒症と言う病気があるのをご存知でしょうか。水の飲みすぎ、水の正しい飲み方について紹介致します。

水を飲み過ぎてはいけない理由

浄水器があれば朝起きてすぐと夜寝る前、お風呂上がりなど様々なシチュエーションで水が飲めるようになると思われます。

浄水器の水は臭みがなくまろやかで美味しいため、つい飲みすぎになりがちになるかもしれません。実は、水を飲み過ぎると逆に不健康になってしまう場合があるそうです。

その名も「水毒症」で、症状としては頭痛や倦怠感、むくみなどがあります。
それを防ぐには、一日に飲める量をしっかり把握して病気にならないように水分摂取しなくてはいけません。

正しい水の飲み方とは

水毒症という病気にならない為にも、きちんとした水分摂取の方法を知りましょう。
浄水器のおいしい水を飲んでいると、確かに沢山飲みすぎてしまう可能性が高いですね。人間は体の半分以上が水分で出来ています。

一日摂取していい水分量は約1.5リットルと言われていますが、一気に大量に摂取すると水毒症になる可能性が高いそうです。正しい水の飲み方は、1.5リットルを数回に分けて飲む事です。
浄水器の場合は測りやすいかと思います、メモリの書いてあるカップで量を測っていくのも良いと思います。
どちらにしても、飲まなくても飲みすぎても病気になるので注意しなくてはいけませんね。


健康にいいから水は沢山飲んだほうが良いと教えられて今まできましたが、程々が一番いいのかなと感じます。
浄水器から出てくる綺麗な水を飲みすぎてしまう人は沢山います。飲み過ぎると水毒症になってしまいます。

正しい水の飲み方をきちんと知れば病気になる事はないので安心して大丈夫です。飲んでも飲まなくても病気になります、浄水器の場合はメモリのついたカップを使って自分が摂取している量を測るのもいいかもしれませんね。

先頭へ戻る