HOME > 浄水器と整水器の違い

浄水器と整水器の違い

イメージ

浄水器も整水器もどちらも同じ目的を持ったものと思っているかもしれませんが、実はそこには大きな違いがあるのです。
最近は飲料水に気を使う人が増えていると言いますから、この違いについてきちんと説明ができるような人はちょっと鼻が高くなるかもしれません。

ここでは浄水器と整水器について分かりやすく説明していきたいと思います。

浄水器と整水器の違いはコレ!

決定的に違っているのは、作り出される水の種類と言えるのではないでしょうか?浄水器はその名の通り不純物を取り除いて水をキレイにすることで「浄水」を作り出す機器です。

それとは別に整水器は水をキレイにした後で整水という作業を行い、「電解水素水」を作り出す機器のことなのです。
その上、酸性水や浄水など成分の異なる種類の水を作ることもできるといいます。
整水器で作り出した電解水素水には医学的な効能もあるため、その製品には公的な認証を受けたという証の番号が与えられています。

浄水器と整水器のそれぞれのメリットとは?

定期的にカートリッジの交換といったメンテナンスが必要になるということは浄水器にも整水器にも言えることです。

では作り出した水の性質について比べていきましょう。浄水と呼ばれるものは薬を飲むときや、赤ちゃんのミルクを作るときなどに向いていると言います。
不純物が取り除かれることで冷蔵庫の製氷機やポットなど、水を貯めておくところに汚れが付きにくくなることもあるようです。

整水器から得られる電解水素水はたくさんの水素が溶け込んでいるという性質を活かして医療や農業の現場でも活躍しています。
酸性水であれば肌に優しいという特性を活かして洗顔に利用するといいでしょう。


自分が求めている水のタイプを知ることによって、浄水器か整水器のどちらを導入するのかが決まってくると思われます。

整水器は医療目的の認可がされていることや複数の水を作り出す機能があることなどから、設置の際には費用がかさんでしまいます。浄水器との違いをよく検討した上で自分の目的に合った機器を導入し、上手に利用して美味しい水を手に入れましょう。

先頭へ戻る