HOME > 便秘の解消にも

便秘の解消にも

イメージ

胃腸を元気にする1杯の水。お薬に頼らなくても、水の力で解消できるってご存知でしたか。
浄水器のお水でお腹の中も一緒にお掃除できるのです。毎日の習慣に加えることで、あなたの便秘の救世主になるかもしれない水について、どのような飲み方が体にいいのか調べてみました。
モーニングのいつもの飲み物の代わりに、浄水器でおいしい目覚めの1杯はいかがですか?

便秘の解消は水が決め手だった!?

人は1日に1.5リットルから2リットルの水を飲んだほうが良いと言われています。
便秘の主な原因は水分不足によって起こります。喉の渇きを感じない、意識していないと水分を摂らない方は要注意です。

朝起きたときに軽く口の中をゆすいだ後、コップ1杯の冷たい水を飲むと胃腸の働きが活発になり、便を外へ押し出そうとします。
冷たさが胃腸を目覚めさせるのです。胃腸の弱い方には、冷たい水はかえって刺激になるので常温の水がおすすめです。水分で程よく便に水分がいきわたり、出やすくなります。

浄水器で1日に必要な水分を用意して、毎日飲むのを習慣にしましょう。

便秘になりにくい水の飲み方とは

浄水器でおいしい水を飲んで便秘解消を目指すには、一日で必要な水分を一気に飲むのではなく、朝起きた時や食事の前後、入浴後、就寝前など決められた時間にこまめにコップ1杯の水を飲むと良いでしょう。

体の水分量は一定に保たれ、水分不足による便秘になりにくい体になります。
しかし、水をただ飲めばいいというわけではなくストレスを溜めないようにすることや、自律神経を安定させるため質の良い睡眠が必要です。
朝ご飯をきっちり食べることも、胃腸を刺激し便意をもよおすきっかけになります。浄水器を活用した水分補給と、胃腸の活動を助ける食事や睡眠で便秘解消を目指しませんか。


水は人の体を作って命を守っており、体の約60パーセントは水です。
浄水器で体にやさしい水を毎日取り入れることで、水分不足になるのを避け、お通じも改善されます。

喉が渇かなくても水分補給と、質の良い睡眠、朝食をしっかり食べることが便秘予防につながるのです。
朝コップ1杯の水が、胃腸の働きを活性化させ便意をもよおす呼び水になります。1日の始まりはコップ1杯の水から。

浄水器で、たっぷり水分を補給し、体のリズムを整えて便秘を解消したいものです。

先頭へ戻る