HOME > 冷たい水を飲むときに気をつけたいこと

冷たい水を飲むときに気をつけたいこと

イメージ

自宅にある浄水器で、朝起きた時やお風呂上がりなど、汗を大量にかいた時は水を飲んだ方が良いと思われている方が多いことでしょう。

では体に良いとされる水の温度はどの位なのでしょうか。冷たい水が大好きでいつも飲んでいるという方、少し待ってください。
冷水・常温・あたたかい水、それぞれ効果が違うみたいです。また飲む時に気をつけなくてはいけないこともあるので、確認していきましょう。

冷たい水を飲むことで起こる、体への影響

冷たい水を飲むとスッキリした気分になるので、つい飲んでしまう方もいることでしょう。
ただ、世間的には冷水はあまり体にはよくないとされています。冷水が何故悪いのか考えてみましょう。

冷水は暑い時に体を冷やしてくれるので熱中症や脱水症状にいいのではと思いますが、実際は逆で症状を悪化させてしまいます。
冷水は体内を一気に冷やすのでお腹を壊しやすく、内臓や血管を急に収縮させてしまうので体には大きな負担になってしまうのです。浄水器で飲む際も注意しましょう。

体への負担がかかりにくい水の飲み方とは

冷水はお腹を壊しやすく、血管や内臓にいきなり入ってきたら刺激で驚いてしまいます。そこで、体内で負担にならない水の飲み方を知って正しく水を摂取したいですね。

体に負担にならない飲み方としてはまず常温がいいそうです。常温は体内に入っても内蔵が驚く事もなく吸収してくれるので、水分補給をする事ができます。

熱中症や脱水症状にも、かなり効果的とされています。常温の水に氷を入れている方は、それをやめてなるべく常温で飲まなくてはいけませんね。



浄水器の水は常温で出てきます。私はお風呂上がりなど体を早く冷やしたいと思って氷をいれて冷水にして飲んでいましたが、これは体に負担になっているそうです。
冷水は内臓を一気に冷やしてしまうのでお腹を壊しやすく血管等にも負担がかかりやすいのでなるべくは止めた方が良さそうです。一番負担にならないのが常温の水とされています。
常温は体内に吸収しやすい温度なので水分補給には最適です。熱中症・脱水症状にも効果があります。

先頭へ戻る