HOME > 水道水の塩素の影響は?

水道水の塩素の影響は?

イメージ

日本の水道水は、厳しい管理体制の中で塩素消毒をしているおかげで安全でそのまま飲料水として飲むことができるとされています。
その塩素を取り除くのが浄水器ですが、わざわざ浄水にするのは理由があります。それは、塩素には良い部分、悪い部分の両方が存在するためです。

さて、塩素が残っていることでどのような影響があるのでしょうか。どうして水道水に塩素が残るように調整されているのかご存知ですか。浄水器でろ過して飲む理由がここにあります。

なぜ水道水に塩素が含まれているのか

蛇口から出る水道水がそのまま飲める国は、世界でみても15カ国ほどしかないそうです。
日本ではどこの水道水の水質を調べても、一定の塩素が検出されるようになっていて水の安全性を維持しています。

水道管を通る水が各家庭に届くまでに質を落とさないよう、塩素が残っているのですが単に消毒だけでなく、水道管内で菌が繁殖しないように調整しています。
一定量で検出されることで、クリーンで安全な水がいつでも届くようになっているのです。成分による体の心配や水の風味、味に影響するという理由で浄水器を使う人が増えてきています。

塩素を使うとトリハロメタンなどの有害なものが残ってしまうのですが、量が少ないため一生水道水を飲み続けても害はないとされています。

塩素が体にもたらす影響とは

塩素を使って消毒する副産物として、トリハロメタンやカルキ臭といったものが残ります。常温で飲むと匂いがわかりやすくなり、水がおいしくないと感じる原因になるものです。

水道水に残るトリハロメタンは、体に吸収されると肝臓や腎臓にとっては毒になり一般的には発がん性があるものとしています。
しかも、水道水を沸騰させた時点で、最高に濃度が高くなるという厄介な性質があります。浄水器が使われるのは、臭いの原因となるカルキ臭を取り除き、沸騰させなくても塩素を除去し有害なものを取り除いてくれるからなのです。


世界の水と比べると、塩素濃度が高いのが日本の水です。
菌が繁殖しにくい、きれいな水道水を供給するために必要な塩素がカルキ臭やトリハロメタンを生み出しています。
そのまま飲み続けても問題はないとされていますが、浄水器を利用した方が有害なものを少しでも取り除けるとあって人気が集まっています。

トリハロメタンは肝臓や腎臓では毒になり、発がん性のあるものと言われています。取り除くには煮沸が有効な手段とされていますが、40分ほど沸騰時間が必要で毎日行うには非効率的です。
浄水器は有害なものを手間をかけずに取り除ける救世主なので、興味のある方はぜひチャレンジしてみてください。

先頭へ戻る