HOME > 水を2回沸騰させてはいけない理由

水を2回沸騰させてはいけない理由

水イメージ

昔、「一度冷ました水道水は再度沸かすな」と言われた経験はありませんか。古くから水道水を何度も沸騰させるなということは伝えられているのです。
水道水の話なので浄水器やミネラルウォーターは省きますが、その理由は体に良くない成分の濃度が上がるというのが医学的な見解です。

水はなぜ2回沸騰させてはいけないのか

水道水は浄水になるまでの間に石灰や塩素系薬品など、飲み水として使えるようにするための薬品が使用されています。
水道水を気化させると、水の量はその分減りますが、成分は残ります。つまり残った水の中では成分の濃度が濃くなってしまうということです。
浄水器の場合は、この薬品などを更にろ過してくれているので、こうした薬品が濃くなる心配はありません。またこうして何度も沸騰させた水道水でお茶やコーヒーを淹れたら、コーヒーやお茶の成分と喧嘩をしてしまい、飲み口が美味しくない場合があるのです。

水を沸騰させすぎることで起こる体の変化とは

水道水をろ過する際には石灰を使用する場合が多いのですが、この石灰は春の山菜であるワラビの灰汁を抜くときにも使うものです。実はこの石灰質が多く身体に入ってしまうと、悪い影響を与えてしまうのです。
例えば病気でいうなら腎臓や尿管の結石などがその一例です。それ以外にも脳障害の原因やアレルギー疾患の原因を招いているといった説も海外では発表されています。

浄水器やミネラルウォーターの場合は元々ろ過されているので、薬品の混入がなく、複数回沸かして人体に影響を与える成分の検出はされていないということですから、何を選ぶかと考えたら、一目瞭然ではないでしょうか。


お茶を飲む、コーヒーを淹れる、ミルクを入れる等、お湯を沸かす等という行為は、何気なく日々の中でやっていることではないでしょうか。
しかし、こうした何気ない行動でも注意していないと、日々の積み重ねの中で自分や家族の体を蝕む危険が潜んでいるのです。やはり、安全で安心なのは、浄水器を設置して、気兼ねなくお湯を沸かせる環境を作るということだと思われます。
もちろんどんな浄水器が自分のスタイルに合っているか、それもよく検討して設置することが一番です。

先頭へ戻る