HOME > 乳児の水分補給方法

乳児の水分補給方法

イメージ

乳幼児が最初に飲む水分は母乳やミルクです。赤ちゃんにもよりますが少し成長すると白湯やお茶を飲むようになります。
そうなってくると体がそんなに強くない乳幼児に飲ませても大丈夫な水が気になります。そんな時に活躍するのは浄水器です。赤ちゃんは水分補給が大切です。
浄水器を上手く使って飲ませるタイミングを掴めばとても便利ですよ。

いつ・どのようなタイミングで水分補給をさせるべきか

大人でも難しい水分補給、乳幼児は意思を自分で話せないので特に大変だと思います。
母乳やミルクで水分補給をする乳児は、成長すると白湯やお茶も飲む事が可能になります。浄水器を上手く使って水分補給をしていたという方もいらっしゃるでしょう。

飲ませるタイミングとしては、お昼寝やお風呂、遊んだ後など体を動かした場合です。乳児はすぐに汗を大量にかくため、そういう時に素早く白湯やお茶を作って飲ませるようにしましょう。

水道水を沸騰させて冷まして飲ますのも良いかもしれませんが、浄水器の方が手間もかからず常に新鮮で綺麗な水を子どもに飲ませる事が出来るので安心です。

乳児に与えない方が良い成分とは

実は水道水は、乳児がそのまま飲むには適していません。
水道水もきちんと浄水場でカルキや塩素を使って雑菌をしてくれていますが、乳児には、これらの成分が体にはあまりよくないと言う事です。

成分を除去するには浄水器を取り付けるのが便利です。浄水器の種類は沢山ありますが、逆浸透膜や活性炭が内蔵されていますのでカルキや雑菌など微粒子も通さないフィルターになっているので水道水を純水にしてくれます。
純水であれば、乳児に与えない方がいい成分は含まれていないので安心して飲ませてあげられます。
フィルターも定期的に交換用フィルターを送ってもらえるので安心ですね。


乳児に飲ませても安心な水を、浄水器を使って作ると育児への負担を減らすことができます。
ミルクや白湯を素早く用意するのに、浄水器は大活躍します。乳児は大量に汗をかきやすい場面が多いので、水は重要です。浄水器であれば新鮮な水をすぐに用意できるので安全です。

また、水道水に含まれるカルキや塩素も乳児の体には良くないので除去出来る浄水器を使って純水にする事で、乳児も飲める水になります。
水道水を沸騰させる方法も大丈夫ですが、水の新鮮さは浄水器が勝るのではないでしょうか。

先頭へ戻る