HOME > 年齢で変わる体の水分量

年齢で変わる体の水分量

イメージ

男女で身体に含まれる水分量が変わってくるのと同じように、年齢によっても身体の水分量というものは変わっていきます。
普通は年齢が上がっていくにしたがって水分量は減っていきますが、こまめな水分補給を心がければ、その減りゆく水分量を補うこともできます。
水分補給に浄水器を活用すれば、安全でおいしい水を飲むこともできますよ!

年齢によって、どれくらい水分量に差があるのか

では、私たちの身体に含まれる水分量は、年齢によってどれくらいの差があるのでしょうか。

まず、生まれたばかりの新生児は約80パーセントが水で構成されています。それが、年を取るにつれて減っていき、成人になるとその量は約60パーセント、60歳以上になると約50パーセントにまで落ち込んでしまうのです。

また、身体に含まれる水分量が多ければ多いほど、1日に必要な水分量は多いともいわれています。
成人の場合、一日に1.5リットルから2.5リットルもの水を摂取すべきだといわれていますが、浄水器を活用すればおいしく簡単に水分補給をすることができます。

水分不足に陥りやすい年齢層は?

水分不足に陥りやすい年齢としては、子どもと高齢者になります。特に赤ちゃんや幼児といった小さい子どもは体重が軽く、その分水分量の割合も少なくなります。

汗を少しかいただけで水分不足に陥るため、こまめに水分補給する必要があります。
また、年を取るにつれて、肌の老化が気になってくるという話をよく耳にしますが、いちばんよくある理由が水分不足です。

年とともに体内に含まれる水分量は減るため、その分水分不足に陥りやすくなってしまうのです。水分不足になってしまうと、肌の老化が進むだけでなく、血液の流れが悪くなったり腎臓に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。
健康な体を保つためにも浄水器による水分補給は重要なものなのです。


人間の身体は年を取るにつれて水分量が減っていってしまうものです。
水分量の少ない子どもやお年寄りは特に水分不足に陥りやすい傾向にあります。
喉が乾いたと思う前に水分をこまめに摂取し、健康で若々しい肌を保ちましょう。また、水分補給には浄水器を活用することをおすすめします。


また、見落としやすいポイントですが、私たちは飲み物以外に料理からも水分を摂取しています。
浄水器を使えば、飲み水だけでなく料理にもおいしくて安全な水を使うことが可能になるのです。

先頭へ戻る